FC2ブログ
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

鳥籠吊り Vol.2

久しぶりの更新です。

昨年の秋頃の調教の続き。

ちょっと多忙でSMから離れているんだけど、こんなBlogでも一日に何人も覗きに来て頂いて

本当に感謝致します。

調教も近いうちに再開したいなと思います。

今年も宜しくお願い致します。


では続きを・・・

これは鳥籠で吊って頂いたところ・・・

喘ぎ声とトロンとした表情から心地よさがわかるでしょう?

DSC02803.jpg

ギシギシに縛られて吊るされて・・・

ア〇ルは拡張ポンプでパックリ開いたままでね。

実はこの後、たっぷりフィストをして頂きました。

吊るされたまま真下からミストレスの拳を貫いて頂いてね。

拳をア〇ルに挿入して頂いたまま、その拳で躰を揺らして頂くと縄が躰を締め付けてたまらない気持ちになります。

写真が無いのが残念だけど、またの機会に撮りたいなと思います。

DSC02804.jpg

一緒に写真を。

いつもたまらない快楽を与えて頂ける本当に素敵なミストレスです。

DSC_7495.jpg

降ろして頂いて、乳首とペ○スを更に拡張。

DSC02802.jpg

真空にしてどんどん吸引して頂いてね。

DSC02799.jpg

厭らしい恰好でしょう?

奴隷らしく敏感なところをもっと大きくして、誰が見てもM男とわかるようにならないとね。

DSC02798.jpg

荒い息を吐きながら喘ぐ奴隷にミストレスが脚を押し付けて頂いてね。

必死に脚裏と指に貪りつきます。 たまらないよ。 舌で一本一本の指を丁寧に舐め上げます。

DSC02807.jpg

このあと、電マで快楽責めをして頂いて、この状態で縛られながら射精させて頂きました。

DSC02808.jpg

しばらく調教を受けていないのですが、また、調教を再会致しましたら、BlogにUPしていきますね。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
category
吊り

鳥籠吊り Vol.1

久しぶりの調教日記です。
これは少し前のもの。

ミストレスに鳥籠で吊って頂きました。

相変わらず美しいミストレス。

環境が変わって多忙で中々調教を受けられないのですが、やはりSMから離れる事は出来ません。

DSC_7477.jpg

ミストレスの足下で跪いて・・・美しい脚に腕を回してね・・・ 

奴隷であることを実感できる貴重な時間。

完璧なスタイルのミストレス。 このBlogを見ているM男もたまらない思いでしょ?

チェーンブロックを用意してね。 ミストレスに吊り上げて頂く至福の時間です。

DSC_7486.jpg

身体中に縄を這わして頂いて、縄で囲まれて・・・ カナピラでチェーンに固定。

DSC_7490.jpg

綺麗でしょ?

奴隷の躰を考えて、いつも美しく縄を掛けて頂けます。

DSC02796.jpg

「さ、吊り上げるわよ。」

美しいミストレスに独り占めにして頂いて、玩具にして頂ける時間。

DSC02797.jpg

一気に吊り上げて頂いて、晒されます。

これからはミストレスの為すがまま・・・  自分の意志は通じない。 玩具だからね。

DSC_7494.jpg

「久しぶりだからね。 今日はフィストをするよ。」

吊り上げられて緩く開いたア〇ルにバルーンを入れて頂いて・・・

空気を送り込んで徐々に拡張。  

本当に久しぶりなんだけど、ミストレスに拡張され開発して頂いたア〇ルはしっかりと記憶しているみたい。

徐々に徐々に開いていくのがわかるからね。

DSC_7493.jpg

縄に揺られて気持ち良くなってきたよ。

この先の調教はミストレスの気分次第。

下からア〇ルに拳を入れられて突き上げて頂きたいよ。  思いっきりよがり狂ってね。

まだまだ続きます。


category
吊り

逆吊り Vol.2

久しぶりの更新です。
このところ環境の変化で多忙でSMから少し離れているのですが、

毎日多くの方がこのブログを閲覧して頂いていて、少し落ち着いたので続きを綴りますね。

ベッドで半吊りにされたら、蝋燭をたっぷり垂らして頂いて躰を染め上げます。

顔面を踏みつけて頂きながらね… M男ならたまらないでしょ?

DSC_7388.jpg
DSC_7389.jpg

「ほら、h、蝋燭を咥えておきなさい。」

そう言って蝋燭を奴隷の口に無理やり押し込んで、ミストレスはア〇ルで楽しまれます。

DSC_7390.jpg

ア〇ルが感じる度に、情けない声をあげて…

蝋燭をだらだらと口元に垂れ流しながらね。  

必死に蝋燭を落とさないように耐え続けます。

DSC02783.jpg

今日は徹底的な快楽責め。

乳首はニップルポンプで拡張しながらペ〇スには電マを。 ア〇ルには激しく振動するバイブを入れて頂いて、

顔面を何度も何度も踏みつけて頂いてね。

ミストレスの玩具として使われる悦びを全身に感じるよ。

DSC_7391.jpg
DSC02786.jpg

ぐったりすると何度も何度も顔面をビンタされて、奴隷の立場を自覚させられます。 徹底的にね。

DSC_7392.jpg

更に顔面を蹂躙して頂きながら、ペ〇スには電マのアタッチメントでオナホールをあてられて快楽責め。

必死に泣き叫んでもお許しは頂けなく、苦痛と快楽で気が変になりそう。

DSC_7393.jpg

興奮して火照った躰を更に一本鞭で追い込まれます。

DSC_7394.jpg

ニップルポンプで肥大した乳首には電マの快楽を。

乳首とペ〇スを徹底的に責められます。

DSC_7395.jpg
DSC_7396.jpg

そのまま顔面騎乗へ。

本気の顔面騎乗はご褒美でも快楽でもなく、とても苦しいもの。

それでもミストレスの躰を全身で感じられることが出来る事は大きな悦びでしょ?

苦痛と快楽の間で徹底的に焦らされます。

DSC_7397.jpg

顔面騎乗で息も絶え絶えの奴隷を脚の裏で口を塞いで頂きながら楽しまれます。

DSC_7398.jpg

「ほら、h、しっかりしゃぶりなさい。」  頑張った奴隷にご褒美の時間。

何も考えずにただただ、ミストレスの脚の指を一本一本、懸命に貪りついたよ。

DSC02788.jpg

奴隷の唾液でべたべたになった美脚で性器を弄んで頂いて…

もう、息が上がって興奮して射精したくてたまらないよ。

DSC_7399.jpg

じっくりと焦らされながら、ミストレスを足下から見上げながら、自分の躰にいっぱいかけながら果てました。

DSC02790.jpg

大興奮のご調教でした。

ここ半年、環境の変化から多忙でご調教を受けていないのですが、近々再開するつもりです。

Blogも少しずつ更新していきますのでお楽しみにね。
category
吊り

逆吊り Vol.1

今日は久しぶりに吊って頂きました。

調教前のミストレスの美脚に抱きついての至福の時間。

DSC_7370.jpg

高手後手から始まります。

DSC_7453.jpg

上半身を縛って頂いたら、下半身に股縄を…今回はいつもと違う掛け方で・・・

逆さになっても苦しくないようにして頂きました。

DSC_7372.jpg

拘束して頂いて、ミストレスに寄り添う時間は奴隷にとっては特別な時間。

躰を捧げる主との信頼関係を確認出来る大切な時間です。

最近、ミストレスがへそにピアスを施されました。 素敵ですよね。

DSC_7379.jpg
DSC_7459.jpg

チェーンブロックに縄を掛けて、いよいよ吊り上げて頂きます。

DSC_7380.jpg

片脚から縄を掛けていかれて…

DSC_7382.jpg
DSC_7383.jpg

吊り上げて頂いたら、

DSC_7384.jpg

そのまま逆さにして頂きました。

本当は片足で完全に吊る予定だったんだけど、久しぶりなので頭部をサポートして

ベッドで半逆吊りで楽しむ事にしました。

DSC_7385.jpg

一切、身動きが出来ない状態で、敏感な乳首を可愛がって頂いて…

乳首はずっと開発中だからね。 躰を悶えて恥ずかしい声で鳴いて、アソコは激しく勃起してしまいます。

DSC_7386.jpg

激しく起った、恥部も弄って頂いてね。

完全に拘束された状態で美しいミストレスを見上げる。 奴隷にとってはたまらない興奮です。

DSC_7387.jpg

「顔面も乳首もペ〇スもア〇ルも丸見えだよ? 今日はたっぷり楽しむからね」

この後は痛みと快楽が入り混じる、脳みそがとろとろになるような官能的な調教をして頂きました。

DSC02780.jpg

まだまだ楽しみます。

次回をお楽しみにね
category
吊り

吊り緊縛調教 Vol.2

前回の調教の続きですが、久しぶりの更新です。

吊って頂いて、ア〇ルを数種類のバイブで掻き混ぜて、ほぐして頂いたら降ろして頂いて・・・

この体勢に。 今日は徹底的にア〇ル調教です。

「h、今日は久しぶりに拳を入れてあげるからね。」

DSC_6723.jpg

フィストは久しぶりで興奮するよ。

逃げられない体勢でゆっくりとミストレスの指がア〇ルに挿入されてね。

1本、2本、3本、・・・5本すべてが入り、ゆっくりグラインドして頂きながらジワジワと拡げて頂いてね・・・ 

ミストレスのフィストのテクニックは本当に凄いんだ。

奴隷の表情や呼吸を判断しながら拳を体内に沈めていかれます。

DSC_6826.jpg

自分のア〇ルを開発して頂いたのはミストレスだからね。

意のままに拳を入れて、奴隷の気持ちの良いところを刺激されて、良い声で鳴かせます。

DSC_6724.jpg

体温と感触を楽しまれるミストレス。

表情が素敵でしょう?

DSC_6827.jpg

じっくりと感じて頂いて、玩具にして頂きました。

DSC_6725.jpg

「今日はもう1パターン楽しむからね。」そう言われて縄を解いて頂きました。

さんざん犯されたア〇ルはパックリと口を開いたままでね。

DSC_6726.jpg
DSC_6828.jpg
DSC_6727.jpg

ベッドに移動して、半吊りを。

地味だけどこの体勢はけっこう辛かったりします。

DSC_6830.jpg

一切の自由を奪われて拘束された状態で、ペ〇スとア〇ルを責めて頂いて・・・

DSC_6729.jpg

乳首に重りを付けて、肥大化の調教。

そのまま、バラ鞭と一本鞭で満足されるまで楽しんで頂いたよ。

興奮と快楽で目が泳いで、口元は喘ぎっぱなし。たまらないよ。

DSC_6831.jpg

奴隷の興奮の最高潮を見極めて、強制射精をね。

「うふふ、hはこれが苦手だもんね。」 

嫌がり必死に首を振る奴隷を無視して電マが厭らしく汁を垂らす下半身に・・・

DSC_6832.jpg

搾り取るように、捏ね繰り回しながら刺激を与えて頂きます。

強制的に搾精されるんだ。

DSC_6833.jpg

我慢できなくドクドクと白い液を垂れ流しながら、最後の一滴まで搾り取って頂きました。

DSC_6834.jpg
DSC_6835.jpg

放心状態でミストレスの躰にもたれ掛かってね。

調教を受けさせて頂いた悦びとミストレスの体温を感じる至福の時間。

DSC_6836.jpg

頑張った奴隷の頭を優しく撫でて頂いてね。

本当に感激だよ。 

DSC_6837.jpg

生活環境の変化で調教のペースが落ちているのですが、ミストレスとの関係は今後も変わりません。

自分にとって絶対的な存在だから・・・

次回をお楽しみにね。
category
吊り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。