FC2ブログ
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

緊縛 Vol.1

久しぶりの更新です。

4か月ぶりの御調教。

ミストレスの足下に跪き、ご挨拶を。

ヒールで頭を床に押し付けて頂きながら 改めて間隔が空いてしまったお詫びと忠誠を誓います。

ミストレスにお会い出来て、再びご調教を受けられる悦びを全身で感じながらね。

DSC02768.jpg

上半身を縛って頂いて、ベッドで写真を。 久しぶりの縄でも躰はその感覚をしっかり覚えていました。

縄を感じ、呼吸が早くなる。 恍惚とした気持ちになり、縄に酔いしれます。

DSC_7428.jpg

縄に拘束されてミストレスの足下で寄り添う。

頭を撫でて頂きながらね。 今日は存分に可愛がって頂きます。

DSC_7345.jpg

心穏やかになれる、本当に大切な時間です。 

何年もお仕えしていても、新鮮でいつもミストレスの優しさを感じる事が出来ます。

DSC_7427.jpg

今日は吊りが出来ないので大好きな縄をたっぷりとね。

表情はお見せ出来ませんが、ミストレスに身を委ねて快楽に酔う様に虚ろです。

DSC02771_2016012417220507b.jpg
DSC02772.jpg

上半身を拘束して頂いたら、ベッドでさらに拘束します。

DSC_7429.jpg

吸盤器で両脚も拘束されて下半身も恥ずかしい恰好に・・・

DSC_7430.jpg

素敵な表情の美しい写真でしょう?

奴隷は躰を捧げるだけです。 

しばらく間が空いたのでミストレスがひとつひとつ奴隷の躰をチェックしていかれます。

DSC_7432.jpg

この後もたっぷりと調教して頂きます。

久しぶりのミストレスの調教は忘れていた感覚を取り戻すに十分なもので、

お会い出来ただけで華やかなミストレスの雰囲気に元気を頂き、本当に満たされた時間となりました。

続きをお楽しみにね
category
緊縛

久しぶりに・・・

正月休みに、久しぶりにミストレスに調教をして頂ける事となりました。

環境と多忙で調教から遠ざかっておりましたが、調教のお願いをお伺いしたところ、

快く、引き受けて頂いたミストレスの寛容な心にとても感謝しています。

距離は離れていても躰は覚えているからね。

数か月も調教から離れていたから、まずはミストレスの足下で跪いて、

ミストレスに恥をかかせてしまったことをお詫びして、忠誠を改めて誓うつもりです。

DSC_6219_20151226185256ec2.jpg

以前のようにこんな風にね…

DSC_5935_201512261852543d1.jpg


放置していたにも関わらず、毎日、多くの方に閲覧して頂きありがとうございます。

今後もペースは落ちるかもしれませんが、マイペースで更新していきますので宜しくお願い致します。

数名の方からのコメントもありがとうございます。

改めて返事させて頂くとともに今後とも宜しくお願い致します。
category
調教

吊り緊縛調教 Vol.2

前回の調教の続きですが、久しぶりの更新です。

吊って頂いて、ア〇ルを数種類のバイブで掻き混ぜて、ほぐして頂いたら降ろして頂いて・・・

この体勢に。 今日は徹底的にア〇ル調教です。

「h、今日は久しぶりに拳を入れてあげるからね。」

DSC_6723.jpg

フィストは久しぶりで興奮するよ。

逃げられない体勢でゆっくりとミストレスの指がア〇ルに挿入されてね。

1本、2本、3本、・・・5本すべてが入り、ゆっくりグラインドして頂きながらジワジワと拡げて頂いてね・・・ 

ミストレスのフィストのテクニックは本当に凄いんだ。

奴隷の表情や呼吸を判断しながら拳を体内に沈めていかれます。

DSC_6826.jpg

自分のア〇ルを開発して頂いたのはミストレスだからね。

意のままに拳を入れて、奴隷の気持ちの良いところを刺激されて、良い声で鳴かせます。

DSC_6724.jpg

体温と感触を楽しまれるミストレス。

表情が素敵でしょう?

DSC_6827.jpg

じっくりと感じて頂いて、玩具にして頂きました。

DSC_6725.jpg

「今日はもう1パターン楽しむからね。」そう言われて縄を解いて頂きました。

さんざん犯されたア〇ルはパックリと口を開いたままでね。

DSC_6726.jpg
DSC_6828.jpg
DSC_6727.jpg

ベッドに移動して、半吊りを。

地味だけどこの体勢はけっこう辛かったりします。

DSC_6830.jpg

一切の自由を奪われて拘束された状態で、ペ〇スとア〇ルを責めて頂いて・・・

DSC_6729.jpg

乳首に重りを付けて、肥大化の調教。

そのまま、バラ鞭と一本鞭で満足されるまで楽しんで頂いたよ。

興奮と快楽で目が泳いで、口元は喘ぎっぱなし。たまらないよ。

DSC_6831.jpg

奴隷の興奮の最高潮を見極めて、強制射精をね。

「うふふ、hはこれが苦手だもんね。」 

嫌がり必死に首を振る奴隷を無視して電マが厭らしく汁を垂らす下半身に・・・

DSC_6832.jpg

搾り取るように、捏ね繰り回しながら刺激を与えて頂きます。

強制的に搾精されるんだ。

DSC_6833.jpg

我慢できなくドクドクと白い液を垂れ流しながら、最後の一滴まで搾り取って頂きました。

DSC_6834.jpg
DSC_6835.jpg

放心状態でミストレスの躰にもたれ掛かってね。

調教を受けさせて頂いた悦びとミストレスの体温を感じる至福の時間。

DSC_6836.jpg

頑張った奴隷の頭を優しく撫でて頂いてね。

本当に感激だよ。 

DSC_6837.jpg

生活環境の変化で調教のペースが落ちているのですが、ミストレスとの関係は今後も変わりません。

自分にとって絶対的な存在だから・・・

次回をお楽しみにね。
category
吊り

吊り緊縛調教 Vol.1

久しぶりの調教。

今日はガッツリと吊りと半吊りを楽しみました。

DSC_6711.jpg

じっくりと縄を感じながら、高手小手で拘束して頂いて。

DSC_6814.jpg

大好きな股縄をね。 縛って頂ける悦びを感じて、この段階でペ〇スからは透明な汁が糸のように
床に滴り落ちます。
奴隷ならこの興奮がわかるよね?

DSC_6714.jpg

躰を縄で完全に拘束して頂いて、ミストレスのモノになれたら、足下に跪く。

スレンダーで美しいミストレスの足下に跪く行為は奴隷にとっては当たり前の事。

DSC_6815.jpg

微笑まれるミストレスの足下で甘えてね。 ミストレスだけに躰を委ねる悦びは何とも言えない幸福感をもたらします。

堪らないよ。

DSC_6715.jpg

チェーンブロックに縄で躰を縛りつけて・・・

DSC_6817.jpg

手早く躰を固定していかれます。

DSC_6716.jpg
DSC_6818.jpg

上半身を固定して頂いたら、片脚ずつ吊って頂いてね。

DSC_6717.jpg
DSC_6820.jpg

無様で恥ずかしい恰好で吊り上げて頂きました。

DSC_6718.jpg

「h、ア〇ルが丸見えよ。 たっぷり可愛がってあげる」

無防備な姿を晒しているからね。 今日はじっくりとア〇ルを調教して頂きます。

DSC_6822.jpg

軽く触れて感度を確認されてね。  指先が触れるだけで切ない声が出るんだ。

DSC_6720.jpg

「調教前にア〇ルの周りを剃毛するからね」

不必要な毛が伸びてきたら、ミストレスのご判断で剃毛されます。

抵抗できない状態での剃毛は凄く興奮するよ。

DSC_6823.jpg

剃毛して綺麗になったア〇ルとペ〇スをじっくりと指でほぐして頂いて、ア〇ルを緩めていかれます。

DSC_6721.jpg

ミストレスの楽しそうな表情が素敵でしょう?

DSC_6824.jpg

「ほら、それがお前のア〇ルに入るんだよ。 落とさないようにしっかり咥えておきなさい」

ア〇ルを弄ばれて、厭らしい声を上げ続ける口に振動するバイブを無理やり咥えさせられてね。

落したらお仕置きだからね。しっかりと咥え込みます。

DSC02766.jpg

「ウフフ、まとめて放り込んであげるわ。」

異なる振動のバイブを何本もア〇ルに入れて拡張されます。

DSC_6722.jpg

本当に情けない恰好でしょう。  ミストレスの玩具になってね。

DSC_6825.jpg

今日は徹底的にア〇ル調教を。 

この後、ミストレスの拳も体内に迎え入れて喘ぎ狂うんだけどね。

今日はここまで。 後半は違うパターンの吊りも楽しみました。

次回をお楽しみにね。
category
吊り

逆緊縛 Vol.2

続きです。

更に縄を掛けて躰を拘束して頂きます。

ミストレスの美尻が素敵でしょう?

DSC_6496.jpg
DSC_6602.jpg
DSC_6499.jpg

完成して満足な笑顔のミストレス。

ア〇ルには何本もバイブを突き刺して頂いてね。

これから存分に快楽責めに酔い痴れます。

DSC_6604.jpg
DSC_6500.jpg

目の前にはしたなく露出したペ〇スには電マを。  たっぷり焦らされながらね。

ミストレスの股の間で恥かしい喘ぎ声を上げ続けて、淫らに躰を震わせます。

DSC_6605.jpg

10種類くらいかな? 動きの異なる何本ものバイブを突き刺して頂いたよ。

生け花みたいにね(笑)

DSC_6606.jpg

半吊りで楽しんで頂いたら、ベッドでグラウンドで楽しみます。

「h、じっくり顔騎されるのも久しぶりだよね? 吊ってばかりじゃ出来ないからね。」

そう仰って頂いて、存分に顔面騎乗を。  お尻で呼吸を塞いで・・・ギリギリのところで解放して頂いて・・・

休む間もなくまた塞がれて・・・

ミストレスの顔面騎乗はご褒美ではなく調教。  呼吸を奪われることは本当に恐ろしく苦しい事。

何回も繰り返して頂くことによって従順な躰に仕立て上げていかれます。

苦しいのにペ〇スには手技での快楽を・・・ 気が狂ってしまいそう。

DSC_6502.jpg

「今日は尿道でも遊ぼうね」

そう仰って頂いて、尿道の奥深くまで届くアレを挿入して頂いて、電マで振動を・・・

開発済の前立腺に伝わる振動はたまらない快楽を与えてくれます。 躰の芯から陶酔してね。

ミストレスに与えて頂ける一番好きな調教です。

ミストレスの後ろ姿の素敵な美尻はM男なら憧れでしょ? この美尻に騎乗されて支配して頂く事は大きな悦びです。

DSC_6503.jpg

尿道を調教して頂きながら、ア〇ルはファックマシーンでズブズブに掘って犯して頂きました。

ミストレスのバイブなら何でも欲しがる厭らしい躰に成長したよ。

このままペニバンやフィストが欲しいところだけど、今日はじっくり楽しみました。

快楽に溺れ、恍惚とした表情で喘ぎ続ける奴隷の顔面を踏みつけて蹂躙して頂き、奴隷に立場弁えさせてね。

興奮しながら必死に舌を伸ばして、ミストレスの脚の指を舌で奉仕し続けます。

DSC_6504.jpg

興奮が絶頂になったタイミングで白濁液を腹上にぶちまけて、意識朦朧とし快楽に酔い痴れたんだ。

DSC02761_20150812133636ae9.jpg

ミストレスの性玩具として存分に可愛がって頂いたよ。

今日はここまで。

次回をお楽しみにね
category
吊り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。